2017年最新ランキング

  1. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

    1袋62粒入り:2880円

    乳酸菌革命 公式サイトはこちら
  2. 乳酸菌×水素カプセルDX

    乳酸菌×水素カプセルDX

    1袋30粒入り 初回1200円

    乳酸菌×水素カプセルDX 公式サイトはこちら
  3. カイテキオリゴ

    『カイテキオリゴ』

    お試しコース 1個2554円

    カイテキオリゴ 公式サイトはこちら
  4. 快朝酵素

    快朝酵素

    快朝酵素初回限定価格380円(送料込み)

    快朝酵素 公式サイトはこちら
  5. 天然美通

    天然美通

    初回限定価格3345円

    天然美通 公式サイトはこちら
  6. 酵素青汁111選セサミンプラス

    酵素青汁(健康訴求)

    トクトクコース1回目500円

    酵素青汁111選セサミンプラス 公式サイトはこちら

いちばんのおすすめサプリは「乳酸菌革命」

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
乳酸菌革命

強力な乳酸菌を腸まで届けてくれるサプリ「乳酸菌革命」

【1粒のなかに豊富な乳酸菌】
便秘でお通じが悪くてずっと悩んでいるかたにとってはありがたいアイテムが乳酸菌サプリです。 乳酸菌革命は改良を重ねて4代目を迎える人気のサプリです。 乳酸菌革命の特徴は乳酸菌の種類が豊富なことです。 たくさんの乳酸菌を体内に届けて便秘などお通じの悩みを解決してくれます。

腸内にはたくさんの種類の細菌がいるし、どの乳酸菌が合うかは人それぞれです。 乳酸菌を摂取するなら、たくさんの種類を取り入れるほうが効果的です。

ラクトバチルスブルガリクスやラクトバチルスカゼイなど話題の乳酸菌を豊富に使い、 さらにおなじみのビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌を配合してパワーアップしています。 乳酸菌革命に含まれているラクトバチルス属の乳酸菌はそれぞれ善玉菌を増やしたり、 免疫力を高めてくれたりといった効果を持っています。

ビフィズス菌は強い殺菌力がありアレルギー症状を緩和してくれます。 ラブレ菌は胃酸にも強い菌で感染症やがんを防いでくれる効果があります。 カゼリ菌も生命力が強く日本人に相性のいい乳酸菌です。



【乳酸菌が腸まで生きて届いてくれるのがポイント】
乳酸菌革命のほかの特徴に有胞子乳酸菌を使っていることがあります。 通常の乳酸菌はいくら食品などで食べても胃酸や胆汁で死滅してなかなか腸まで届いてくれません。

有胞子乳酸菌だから死滅せずに腸内まで届いてその役割を発揮してくれます。 さらに乳酸菌革命は耐酸性カプセルを採用しています。 胃酸にも溶けずに生きたまま腸までたくさんの乳酸菌を届けてくれます。



このサプリ1日に2粒飲むだけで腸内の環境を改善して便秘だったお通じをよくしてくれます。 乳酸菌革命を飲みだして1週間くらいたったらお通じが劇的に良くなってすっきりした毎日を過ごせている、 おなかが張った感じがなくなり快適になったという声が多いです。



乳酸菌革命は今までよりも効果が高くなっているのに値段はそのままです。 通常は2,880円しますが定期コースにしておけば20%オフの2,730円で購入できます。割引はずっと続くし、送料も無料です。さらにプーアル茶10日分をプレゼントつきです。 定期コースはいつでも止められるのでこの点も安心です。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら

乳酸菌革命を実際に購入しました

こんな感じで来ました。

丁寧な梱包を開けると、中身はこういう感じでした

飲み始めて1ヶ月が経ちますが、乳酸菌革命は大切なパートナーのような存在です。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら

乳酸菌革命をお得に買うには

公式サイトと楽天で値段・送料などを比べてみました。

乳酸菌革命公式ページ:2880円(消費税込み)+送料120円 *別途特典あり

楽天:3066円(消費税込み)+送料185円~

↓↓↓公式サイトにリンクしてます↓↓↓
乳酸菌革命

ドラッグストアで売っている便秘サプリの効果は?

「ドラッグストアで販売されている便秘解消サプリメントは効果があるのか?」といった疑問を持つ人はいます。 簡単に店舗に出向いて手に入れること出来て、 通販にて販売されているサプリメントよりもわりと安価なところがドラッグストアの品物のいいところです。 内服薬ではなく、あくまでもサプリメントなので必ず効果があるとは断言できないわけですが、 ドラッグストアで陳列している普通の製品の中にも整腸効果が見込める成分は入っています。

けれども、便秘の解消に着目したサプリメントのバリエーションが多くなく、 要らない添加物が入っているサプリメントが多いのであまりオススメはできません。 通信販売のほうが幾つものサプリの中から比べてチョイスできますし、 何よりも便秘解消することを目的にうまく手伝ってくれるサプリメントが多いのです。

気軽にサプリを手にできるという点では、 ドラッグストアで販売されているサプリメントを試してみるのは悪くはないと思います。 しかし、サプリメントの バリエーションがすごく少ないだけではなく、 「お試しセットがない」「返金保証がない」というマイナスポイントがあります。

通販のサプリは2~3日程度だけお試しができるお試しセットや、 一定期間の内に返品することにより払った金額が返ってくる返金保証制度を採用していることが多いのです。 どの便秘解消サプリメントがひとりひとりに合っているのか始めは分からないはずですから、 通信販売を利用した方が良いのではないかと思います。

便秘対策で重要なのは腸内に善玉菌を増やすこと!

■善玉菌の腸内環境に与える影響力
善玉菌、悪玉菌という言葉を聞いた時、「ああ、腸内環境に良いのが善玉菌、 悪いのが悪玉菌(日和見菌含む)ね」という、大まかな知識をお持ちの方は多いと思います。 そしてその善玉菌が多ければ、腸内環境が良くなり、いわゆる「お通じ」も良くなって、 腸の疾患予防(大腸ガンなど)に効果があることもよく知られています。

最近では、善玉菌による栄養吸収の効率アップによる美容面での効用や、更に免疫力そのものの向上による全体的な病気予防、果ては最新の研究において、人間の性格にまで影響するという研究結果もあり、善玉菌と腸内環境の良し悪しに対する注目度はアップする一方と言えます。



■善玉菌を体内に取り入れるなら生きたまま?
当然ながら、その知識に訴えかけるように、ヨーグルトや乳酸菌飲料などにおいては、幾つもある善玉菌の中の優れた特長をうたい、その善玉菌をいかにして腸内に活きたまま送り届けるかということが宣伝されています。私達も何となくですが、乳酸菌やビフィズス菌などは、活きたものでないと意味が無いように感じている傾向があるのではないでしょうか。菌は生き物ですから、「生きていないと働いてくれないので、その効果もなくなってしまう」という強迫観念にとらわれるのも仕方ないと言えます。

しかしながら、胃酸や胆汁酸に負けない形で善玉菌を腸内まで送り届けるのは、技術革新が進んだ今でも、そう簡単なことではないようです。やはりかなり腸に届く前に死んでしまう確率は高いというのが現状のようです。

しかも、実は体外から取り入れた善玉菌は定着せずに、早くに死んでしまう傾向が強いとも言われています。腸内に元から住み着いている善玉菌(常在菌型の善玉菌とも呼ばれます)は、常に世代交代を行い途切れることがありませんが、体外からですと、それが繁殖して定着ということは、どうも考えにくいようです。勿論、体外から取り入れた活きた善玉菌にも意味はありますし、特殊な善玉菌は体外から取り入れることも考えなくてはなりません。しかしやはり重要なのは、自分の体内に元からいる常在菌型の善玉菌を増やすことのようです。



■死んだ善玉菌は常在菌の増殖に活かす
こうしてみると、「じゃあヨーグルトや乳酸菌飲料で、乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌を摂取するのは、 あんまり意味がないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。 死んでしまった善玉菌にも多いに意味があるのです。

まず、死んだ善玉菌がまるで食物繊維のように働くことが挙げられます。当然便通に好影響を与えます。 また、善玉菌の体を構成していた物質自体が、常在菌の善玉菌の餌になり、 その増殖に貢献するということがあります。

そして、善玉菌が死ぬ前に作り出していた成分(例えばヨーグルトに含まれている成分は、 乳酸菌などが乳成分を分解して生成した物質が多く含まれている) 自体に身体や腸に良い働きをするモノが多いとも言われています。 そもそも乳酸菌が便通に効くのは、乳酸菌が作り出す乳酸が、 大腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激する側面があるとされており、この点においても、 必ずしも活きた善玉菌じゃないと意味が無いとは言えなかったことの証拠でもあるでしょう。


以上のように、善玉菌を外部から摂取する場合には、出来れば活きたまま届く方が良いとしても、善玉菌の入った食料などを摂取すること自体に、既に相当の意味があるとおわかりいただけるかと思います。そして一番大事なのは、自分のお腹に元々住み着いている善玉菌をどれだけ大事に出来るかということでもあるわけです。

便秘予防に欠かせない腸内フローラはバランスが大切

■腸内フローラって何?
食物を消化吸収するための器官である人間の腸には、数多くの常在細菌が住み着いています。 個々人の体重や体格、体調によっても変化しますが、種類にして3万種以上、 その数はなんと1000兆個以上、重量にすると1.5kg~2kgにもなります。

これだけたくさんの細菌が腸の中で様々な働きをすることで、人間の腸内環境は作られているのです。 腸内細菌は腸の中で互いに勢力争いをしつつ、 種類ごとに群生しバランスを保ちながら腸壁に生息しています。 この群生している状態を「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と言い、 色とりどりの花が咲き乱れるお花畑に見立てて「腸内フローラ(flora=お花畑)」とも呼ばれています。



■腸内細菌の種類
腸内細菌には、人間にとって有益な細菌もあれば、体調を崩す原因となる有害な細菌もあり、 その特徴は実に様々です。一般的に、人間にとって有益な働きをする細菌を「善玉菌」、 悪い影響を及ぼす有害な細菌を「悪玉菌」と呼んでいます。

腸内細菌は、この善玉菌と悪玉菌に加え、その時々で優勢な方に味方をする「日和見菌」 と言う3つのカテゴリに分けられます。 善玉菌、悪玉菌、日和見菌の代表的な菌としては、以下のようなものがあげられます。

  • 善玉菌:ビフィズス菌、乳酸桿菌
  • 悪玉菌:ブドウ球菌、ウェルシュ菌、緑膿菌などの腐敗菌
  • 日和見菌:バクテロイデス、嫌気性連鎖球菌、クロストリジウムなどの嫌気性細菌


■腸内フローラの理想的なバランス
腸内フローラの理想的な細菌バランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7と言われています。 腸内で悪玉菌が増え過ぎるとタンパク質を腐敗させ、アンモニアや硫化水素、 フェノールなどの有害な物質を作り出すようになります。 その結果、便秘や下痢、免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れや細胞の老化などを引き起こします。

さらに腸内の環境が悪くなると、大腸ガンなどの重大な病気の発生リスクを高めてしまいます。 しかし一方で、悪玉菌は肉類などのタンパク質を分解、吸収するためには必要な菌でもあるため、 完全に取り除いてしまうことは別の問題を発生させてしまいます。

善玉菌は、腸内を酸性に保ちこれらの症状を引き起こす悪玉菌の増殖を抑制、 体内で分解される食物の消化吸収を助ける働きがあります。 善玉菌が優位にある状態ならば日和見菌は悪い影響を与えません。 そのため、理想的な形に腸内フローラのバランスを整えることで腸内環境の改善し、 便秘や下痢の解消を始めとする様々な健康効果を得ることが大切なのです。

10年レベルの頑固便秘を解消させた体験談

10年以上便秘に苦しんでいて、毎日快便という事は10年の間に殆どなく、 大抵は数日溜めてお腹が張ってきて苦しくなってきてから排便出来るという感じでした。 強烈にお腹が痛くなる事もありましたし、便意がある時に行かないと再び出なくなったりしますし、 便秘を溜めこんでいるとガスも沢山出てきて辛いものです。

時々便秘薬を使って排泄していましたが、便秘薬は常用していると効果も薄れてしまい、 腸の力で排泄する力を失ってしまう事もありますから、 常用せずにいざという時だけ使うようにしていた手法になります。

腸内環境を改善させる食事方法を採り入れてから、そのような頑固な便秘が改善されていったのですが、 それまでの肉食主体の生活から食物繊維や植物性タンパク質を摂取するようになって 改善していく事になったのです。

肉類も食べますが、なるべく大豆類等からタンパク質を摂取したり、 食物繊維の摂取量を増やす事を心掛けて、 さらに腸内環境を改善させる乳酸菌の摂取を継続的に続けてから劇的に改善していきます。

腸内環境改善を促す為には善玉菌を増やす必要があり、 その時にヨーグルト等から摂取する乳酸菌が有効ですが、 ヨーグルトの場合は胃酸で溶けてしまって腸に届かないリスクがありますから、 乳酸菌サプリメントを活用していく事にしたものです。

普段の食事は食物繊維摂取や植物性タンパク質を意識して取ったり、 乳酸菌サプリメントを利用していくとお腹の動きが良くなって便秘が改善していきます。 サプリも2週間以上継続的に飲み始めてから効果をより実感出来ましたし、 食事内容を肉類主体から変更した事で便秘改善に成功です。

ページの先頭へ