乳酸菌のデパート!それがシェイプアップ乳酸菌~整腸作用から減量まで~

↓↓↓シェイプアップ乳酸菌 公式サイトはこちら↓↓↓

シェイプアップ乳酸菌

便秘って嫌ですよね。便秘になると代謝も落ちて、お肌もボロボロ、お腹もポッコリ、 ついでにお腹周りにお肉まで着いてくる感じしませんか? 便秘には運動も大事ですが、まずは体内から!腸内環境を整えるのが必要不可欠です。 その腸内環境を整えてくれて、かつダイエットまで出来てしまうのがこのシェイプアップ乳酸菌です。

乳酸菌なんて乳製品を取ればいいんじゃないの?と思われがちですが、 みなさん便秘になってヨーグルト食べたからって解消しましたか?

私はしませんでした。理由は簡単、食べてもそのヨーグルトに含まれていた乳酸菌たちは、 腸に届く途中で分泌される胃酸や胆汁によって死んでしまっていたからです。 そう、腸内環境を整えるには乳酸菌をいかに生きたまま腸に運ぶかが大事なんです。

このシェイプアップ乳酸菌は、菌を生きたまま腸に届かす工夫がたくさんなされています。 まずは植物性乳酸菌です。 乳酸菌って牛乳を原材料とする乳製品に含まれているイメージですよね。 でも乳酸菌は植物にもたくさん含まれているんです。

代表的なものだと、ぬか漬けやしば漬け、あとキムチなど。 これらの発酵食品の発酵に一役買っているのが実は植物性乳酸菌だったんです。

では動物性と植物性の違いって何でしょう?それは、過酷な環境下で生きていけるかの差です。 体内は胃酸や胆汁など、乳酸菌にとってとても過酷な環境、 それを乗り越えて生きたまま腸まで届かなければいけません。 植物性の乳酸菌の方が、胃酸の酸や胆汁のアルカリに強いんです。 これが生きたまま腸に届く乳酸菌の正体です。

もう一つ、有芽胞性乳酸菌というのも含まれています。 この乳酸菌も生きたまま腸に届く乳酸菌なので、そういう点では植物性乳酸菌の仲間です。 有芽胞って名称の頭に書いてありますよね。そうです芽胞が有る乳酸菌です。 芽胞とは、乳酸菌を包んでいるお部屋みたいなもので、 有芽胞乳酸菌はいわば部屋に引きこもった乳酸菌となります。

引きこもりって聞くとイメージ悪いかもしれませんが、 人間が部屋から出ないとどうなります?日焼けもしないし、事故にも遭いませんよね。 そう、植物性の乳酸菌は酸やアルカリと“戦って打ち勝つ”強い乳酸菌でしたが、 これはそもそも“引きこもって”酸やアルカリと“戦わず進む”乳酸菌なんです。

戦うと少々の犠牲は出てしまうんですが、引きこもって逃げてたら犠牲もナシ。 だから植物性よりも生きて腸に届く菌は多いと簡単に予想できますよね。恐るべし引きこもり。

最後に殺菌乳酸菌体(EC-12)。 殺菌乳酸菌体って何かというと、簡単に言うとすでに死んでいる乳酸菌が入っているという事です。 死んでるって、ちゃんと作用するのか?もちろんします。 というか、そもそも死んでるから胃酸や胆汁の影響を受けることなく、腸に届きます。

そして乳酸菌なので腸の調子を整えます。 加えて殺菌乳酸菌(EC-12)は整腸作用を促すだけでなく、 花粉症やアトピー性皮膚炎が軽減する抗アレルギー作用や、 食物の栄養を吸収する小腸の絨毛を再生させる細胞再生促進作用、 身体に悪さをする菌の排せつや菌の身体への感染を抑制する生体防御作用なんかもあると、 論文や学術データできちんと発表されているんです。

整腸作用を謳っているのに、健康面もカバーできてしまうなんてすごいですよね。 このように、たくさんの種類の乳酸菌がいろいろな方法で生きたまま腸に届いて作用をしてくれます。

まだまだシェイプアップ乳酸菌にはいろいろな成分が含まれています。 それが茶カテキン。カテキンが身体にいいというのはよく聞きますが、 じゃあ具体的にどんな作用があるんでしょうか? 脂肪を消費させる酵素を活性化させ、エネルギーに変えやすくする。 そう、脂肪燃焼作用があるんです。 いろんな種類の乳酸菌によって腸が整えられ、腸が整えられると基礎代謝も上がり、 基礎代謝が上がれば脂肪燃焼作用も上がり、茶カテキンがそれを後押ししてくれる。

これがシェイプアップ乳酸菌で便秘が解消し、さらにダイエットができる理由です。 “シェイプアップ”乳酸菌という商品名がついているのも納得ですね。 みなさん是非お試しください!!
シェイプアップ乳酸菌 公式サイトはこちら